リフォームは願望だけじゃなく計画性を

リフォームを考えたのはいいけれど、どんな流れでどういったスケジュールを組んで進んでいくのかを知っておくことが大切になってきます。その上で、どこをどんな目的でリフォームして予算はどのくらいでいつまでに工事を終わらせたいのかといった目安をつけましょう。

リフォームしたいと思ったら、まずは現在の住まいの不便な点や不満な点をチェックしましょう。間取りや耐震性、設備の不満や不便さ、断熱性など構造部分も確認してみましょう。家族みんなの意見を出し合い、どこをどんな目的でリフォームしたいのか話し合って決めましょう。

例えば、家事がしやすいようにキッチンを対面式にしたい、冬場はお風呂のお湯がすぐに冷めてしまうので追い炊き機能をつけたい、等がありますよね。リフォームをしたい場所と予算との関係をきちんと調節して優先順位も明確にしましょう。また、規模にもよりますが、リフォームをするのに誰かが家に居なければならない箇所の場合は家に居やすい長期休暇中に工事をお願いしたい、年内には終わるようにしたいなどのおおよその期間も要望があれば特に重要になってきます。それを確認したら、希望のリフォームに合わせて情報を集めましょう。

最近のリフォーム事情を知るために、情報を集めることが大切になってきます。雑誌やリフォーム会社のパンフレット、インターネットなどを活用したり、モデルルーム等の見学に行って参考にしたりするのもいいですね。インターネットを使う場合は、リフォーム会社もたくさんありますので、会社ごとにも得手不得手があったり相場が違ったり、どんなリフォームが出来るのかというのが違ってきますので、それもチェックしておきましょう。

そこまできたら、おおよその予算を決めましょう。希望のリフォーム内容や規模に合わせて予算も確認しましょう。上限額を決めておけば見積もりの目安にもなりますし、予算がオーバーしてしまったという失敗も防げます。また、解体してみて補修が必要となった場合にその費用がかかってくることもありますので、予備費も併せてみておきましょう。

ここまでして、情報も整理が出来たらリフォーム会社を決めて問い合わせをしましょう。メールでもいいのですが、出来れば直接話をすることをお勧めします。電話だと、会社の対応の仕方や質問内容の的確さも分りますので、依頼先を決める手掛かりにもなります。 自分の希望をきちんとまとめ、伝えられるようにしっかり準備をしてからリフォーム会社に依頼をしていきましょう。

お勧めサイト

三重県でこだわりの注文住宅を建てよう
三重県のアサヒグローバルはこだわりある家づくりをお手伝いします